肌に合う化粧水を正しく使って潤い肌へ

肌に合う化粧水を正しく使って潤い肌へ

さて、クレンジングと洗顔料で肌をキレイにしたら、次は化粧水で肌に水分補給をしましょう。

化粧水は、乾燥肌用、オイリー肌用、美白用、アンチエイジング用、ニキビ用などがありますので
自分の希望に合うものを選んで下さいね。

選ぶ際にひとつ、ご注意頂きたい点があります。
同じラインの化粧水にしっとりタイプとさっぱりタイプがある場合、
“しっとりタイプ=乾燥肌用”とは限りません。
使用感がしっとりがお好みの方向け、の場合があり、
しっとりタイプは、実は表面のしっとり感を増すための成分が追加されているだけという場合があるので注意して下さい。
さっぱりタイプの方が却って成分が肌の中によく浸透する場合がありますよ。

さて、化粧水は、洗顔後、肌が乾燥してしまう前につけるのがおススメです。
顔全体にムラがないようにしっかりなじませ、
肌がピタッとすいつくような感じになるまで優しくパッティングしたり手で押さえたりしましょう。
ただし、パッティングのしすぎは肌に過剰な刺激となりますので気を付けて下さいね。

最後に、化粧水を使ったパック方法をご紹介しておきますね。
コットンなどに化粧水をしみこませて、目もとや口もとにしばらく貼っておくだけでもパック効果がありますよ。
それから、パック用のシート(目や口の穴があいているシートで、美容液が含まれていない乾いたものも市販されています)に
化粧水をたっぷり含ませて顔全体のパックをするのも良いですね。
日焼けしてしまった日の夜などに、美白系の化粧水でパックするのはオススメです。

    Copyright(C) 化粧品のあれこれ All Rights Reserved.